上顎洞底挙上術(サイナスリフト)

上顎臼歯(奥歯)のすぐ上には上顎洞という副鼻腔の空洞があります


特にアジア系の日本人は頭蓋・顔面骨が欧米人のように長くないため上顎洞が近いのです
上顎の6番(6歳臼歯とも言います)の歯根の先端(歯根尖)は上顎洞すれすれか上顎洞内に入っているかのように見えます
このような上顎の臼歯(奥歯)をなんらかの原因で失うと当然のように口腔内に残存している歯を支えていた骨(歯槽突起あるいは歯槽骨)の厚みは僅かですぐ直上の上顎洞までの骨量は少なくなります
つまり、インプラントを入れる骨の量(骨の高さ)が不足していることがほとんどです
抜歯した後の残存骨量が1~5mmしかないこともざらです

そこで、インプラントを入れることができるように上顎洞内に骨(人工骨、自家骨など)を移植して骨を厚くすることを上顎洞底挙上術(サイナスリフト)と言います
実際には上顎洞底の上顎洞粘膜(かなり薄い鼻の粘膜上皮)を剥離、持ち上げて、骨とその持ち上げた粘膜の間のスペースに人工骨を入れます

6ヶ月から1年くらい待って移植した骨が硬くなったらインプラントを埋入します
あるいはサイナスリフトとインプラント埋入を同時にできることもあります
同時に行える条件としては少なくとも残存骨量が4~5mmあることです

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)には二つの方法があります


側方アプローチと垂直アプローチです
側方アプローチ法は上顎洞前壁(側壁)の骨を削って(穴を開けて)上顎洞粘膜を剥離挙上する方法です
垂直アプローチ法は歯が元々あった歯槽堤(下の歯に向いて入る方)から上顎洞の方向に垂直に穴を開けてく方法です、ソケットリフト方とも呼ばれています

側方アプローチの利点・欠点
側方アプローチの最大の利点は直視下で上顎洞炎粘膜を剥離することができることです
挙上量も大きくできます
上顎洞粘膜が破れたかどうかの判断がつきやすいので破れた時の対処も行うこともできます
欠点は難しいことですかなり高度な外科的技術を必要とします、外科的侵襲も大きいです

垂直アプローチ(ソケットリフト)の利点・欠点

利点は外科的侵襲が少ないことです、手術時間も短くて済みます
また、手法が簡単と言われています
欠点は直視下(目で見て手術)での手術でないため(盲目的手術)手術が成功しているかどうかが判断しずらいことです
手術が成功しているかどうかとは、上顎洞粘膜が破れているかいないかということです
上顎洞粘膜が破れていると上顎洞に人工骨(補填材)が漏れ出してしまいます
粘膜が破れたかどうかの判断ができにくいのです(見えないため)
また、破れた場合の対処ができません(見えなくてしかも穴が小さいため)
利点に手法が簡単と書きましたが本当は難しいのです
ソケットリフトで粘膜が破れた場合、側方アプローチに切り替えて手術できないと対処できません
つまり、両方できないといけないのです
近年、日本全国でインプラントの失敗の上位に上顎洞炎関連のトラブルがあります
上顎インプラント後、あるいはサイナスリフト後の上顎洞炎(蓄膿症)です
高度な技術を必要とし副鼻腔病変や副鼻腔の解剖学的知識も必要とされます
さらに耳鼻咽喉科との医療連携も必要となります




診療時間

<診療日・診療時間表>

診療日
午前診療時間
午後診療時間
月曜
09:30-13:30
15:00-18:30
火曜
09:30-13:30
15:00-18:30
水曜
10:00-13:30
15:00-18:30
木曜
09:30-13:30
15:00-20:00
金曜
09:30-13:30
15:00-18:30
土曜
09:00-13:30
15:00-17:30

【休診日】日曜・祝祭日

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

<診療日・診療時間表>

診療日
診療担当医
診療時間
火曜
慶応大学所属担当医
14:30-18:30
水曜
日本大学所属担当医
13:30-17:30
金曜
日本大学所属担当医
13:30-17:30
土曜
慶応大学所属担当医
9:30-12:30