がん治療 バイオレック

バイオレックとは

・担子菌抽出混合エキス(キノコの菌糸体培養培地抽出物と植物性多糖反応抽出物を混合した食品)です
・医薬品と健康食品の中間に位置しています
・強い免疫賦活作用と抗がん作用があります

バイオレックとは

・バイオレックは免疫に関与する樹状細胞を活性化しサイトカインが放出されキラーT細胞が活性化してがん細胞を攻撃すると考えられています
・がんの標準治療である抗がん剤と併用でき、併用による相乗効果があります
・抗がん剤治療の邪魔をしません

バイオレックを内服すると

・抗がん剤治療や放射線治療の副作用を軽減(脱毛がなくなるか少なくなる、吐き気も軽減)
・抗がん剤治療の効果を増強します
・抗がん剤治療でがんが消えても、がんの幹細胞は残ります、そのため後で再発することになります
(したがって、消えても手術をした方が良いのです)
・がんが消えてもバイオレックは内服継続がオススメ

バイオレックによる免疫治療

・治療例
・進行乳がん(4センチ)
・バイオレック内服のみで腫瘍消失

バイオレックによる免疫治療

・治療例
・進行再発乳がん・肝臓転移・骨転移
・高濃度ビタミンC点滴+バイオレック内服
・3カ月で腫瘍が完全消失

バイオレックによる免疫治療は

・治療例
・原発不明頸部リンパ節転移
・手術とバイオレック内服にて現在再発なし

バイオレックによる免疫治療は

口腔がん、頭頸部がんなどの扁平上皮癌にも効果が認められています

おざわクリニックにて販売しています

今話題の抗がんサプリ
植物由来の天然抗がん物質サルベストロール

サルベストロールとは

植物表面にカビや細菌がつくことによる植物への攻撃に対して、植物自体が自らを守るために作り出す物質です

サルベストロールとは

・無農薬の野菜・果物に多く含まれる成分です
・現代では、見た目を良くするため農薬を使用するためサルベストロールの含有量は少なくなっています
・現代人の摂取量は100年前の10%に減少していると言われています

サルベストロールの作用

・がん細胞に特異的に認められる酵素(CYP1B1)によってサルベストロールが活性化され、がん細胞を細胞死させる物質になります
・正常な細胞はその酵素(CYP1B1)がないため影響がありません
・がんの標準治療(外科療法・抗がん剤治療・放射線療法)、その他の治療の邪魔になりません、つまり併用可能なのです

サルベストロールに富む果物・野菜・ハーブ

話題の抗がんサプリ

サルベストロールの服用法

服用は食前30分以上前が推奨されています

補助的に「ビタミンB2(リボフラビン)、ビタミンB3(ナイアシン)」を
摂ることが推奨されています

サルベストロール服用法(がんの患者さん)

 服用開始時・1日 6~12 カプセル✖️6週間

・朝食前 4~8 カプセル

 ・昼食前 2~4 カプセル



 維持量・1日 3~6 カプセル

・朝食前 2~4 カプセル

 ・昼食前 1~2 カプセル

サルベストロール服用法(がん予防)

 がんの再発予防・がんの予防

・朝食前か昼食前

 1日 1~3 カプセル

日常生活上の注意

食事で避けた方が良いもの
・農薬、殺菌剤、防カビ剤を使用している食べ物
・グレープフルーツジュース
・多量のジュース
・人工甘味料
・亜麻仁油

サルベストロールの阻害物質

農薬は非常に強い阻害物質です
・無農薬野菜の摂取を推奨

無農薬野菜のみ手に入れることが困難な場合残留農薬をできるだけ除去しましょう
・流水で30秒以上洗い流す
・酢水、重曹水で洗う
・専用の野菜用洗剤で洗う

日常生活上の注意

サプリメントで避けた方が良いもの
・レスベラトロール(1日50g以上の服用)
・ビタミン B17
・イチョウ葉のサプリメント
・セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)
(癒しやリラックスを目的とした健康食品やサプリメント、ハーブティーに含まれていることも)

日常生活上の注意

サルベストロールの働きを助けるもの
・ビタミンC  1日、1〜3g(分割服用)
・ビタミンB3 1日、100mg(1日2回)
・ビオチン  1〜5mg(1日)
・マグネシウム 400mg(1日)
・鉄
・バージンオイル(未精製植物油)

診療時間

<診療日・診療時間表>

診療日
午前診療時間
午後診療時間
月曜
09:30-13:30
15:00-18:30
火曜
09:30-13:30
15:00-18:30
水曜
10:00-13:30
15:00-18:30
木曜
09:30-13:30
15:00-20:00
金曜
09:30-13:30
15:00-18:30
土曜
09:00-13:30
15:00-17:30

【休診日】日曜・祝祭日

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

<診療日・診療時間表>

診療日
診療担当医
診療時間
火曜
慶応大学所属担当医
14:30-18:30
水曜
日本大学所属担当医
13:30-17:30
金曜
日本大学所属担当医
13:30-17:30
土曜
慶応大学所属担当医
9:30-12:30